為替レートは何によって動く?

為替レートの変動に関する総合情報サイト

そもそも為替レートとは何なのか

主な要因は輸入が増えること

日本円が安くなる最も大きな要因は、輸入が増えることです。
輸入が増えるということは日本企業が活発なわけですから、日本円の価値が上がりそうですが、実体経済ではなぜか円の価値が下がってしまうのです。

輸入が増えると、輸入した商品の代金としてドルなどの外貨を支払う必要が出てきます。
必然的に、外貨を買う場面が多くなってくるため外貨への需要が上がります。
そのため、外貨の価値が高くなる一方で、相対的に日本円の価値が下がってしまうのです。

実体としての商品だけでなく、日本への投資が増えた場合も日本円の価値は下がり、円安が発生します。
外貨が日本国内に大量に流入する場面が発生したら、円安になると一律に覚えておくとわかりやすいでしょう。

日本株の下落でも円安は起こる

輸入増加の次に円安になる要因として大きいのが、日本株の下落です。
日本株の価値が下がると、日本経済に陰りがあるとみなされますから、投資が大幅に減少します。
また、輸出入などの取引も成立しにくくなります。
結果的に、日本国内に外貨が入りにくくなるわけですから、日本円を外貨に換える必要もなく、それと同時に日本円自体の価値も低く見積もられるため、円安に向かうのです。

以前は円安要因として輸入増加がメインでしたが、インターネット社会になり、株取引がリアルタイムオンラインでできるようになってからは、株価の動向が為替レートに大きな影響を与えるようになりました。
株価の動向は非常に不透明で読みにくいのですが、長期的な為替レートの変動には欠かせない要素だと考えた方が良いでしょう。


この記事をシェアする