為替レートは何によって動く?

為替レートの変動に関する総合情報サイト

よく目にする円高要因

ここ数年の円高は株価上昇が主要因

数年にわたって日本円が高い傾向が続いている主な原因は、日本株の上昇です。
日本株の価値が上がると、投資家は日本円の価値を高く見積もるようになるので、日本円を買いに動きます。
このため、為替レートは円高へと動いていくのです。

逆に言うと、何らかの要因で日本株の下落があると、すぐさま円安に動く状況になるとも考えられます。
今の円高は、非常に不安定な状況下でもたらされていると言っても過言ではないでしょう。
外貨建て預金などをしている人は、念のために金や不動産、個人年金や保険といった手堅い分野に資金を移しながら様子を見た方が良いかもしれません。
個人レベルでは株価要因のコントロールは無理だと考えておくべきでしょう。

二番手になった輸出と続く海外投資

円高の本来の主な要因は、輸出による円の需要です。
実際、高度経済成長期の最後は輸出業の増大が影響として非常に大きく見られていました。
しかし、最近では株価要因に座を明け渡している傾向があり、それほど大きな割合とは言えなくなりました。
特に、最近では様々な原因で日本製品への評価が不安定になっており、要素としてはさほど考える必要はないでしょう。

一方で、もう一つの大きな要因である海外投資は引き続き好調です。
特に製造系の大企業は、発展途上国での工場建設や販路促進に引き続き動いており、円高を下支えしています。
ただし、最近では発展途上国での人件費の増大が見られ、人的要素に引っ張られやすい分野の製造業は国内に資本を戻す傾向もあります。
引き続き、海外投資に関しては動向を注視する必要があるでしょう。


この記事をシェアする