為替レートは何によって動く?

為替レートの変動に関する総合情報サイト

侮れない為替変動の一時的要因

アメリカ経済に関する統計の発表

為替レート、特にドル円市場に大きな影響を与えるのが、アメリカ経済に関する統計の発表です。
特に、全米雇用統計については発表のスケジュールが既に決まっており、世界経済全体の動向を測る上で確固とした指標になっているため、投資家は発表直前から市場の動向を注視しています。

もちろん、統計の発表による値動きは一時的なもので、数日経てば本来の円高ないし円安市場へと復帰していきます。
ただし、短期で利回りが確定する金融商品や、短期の海外旅行などには大きな影響が出てきます。
スケジュールをうまく回避することが唯一の自衛手段と言えるので、こういった場合に当てはまる場合は、専門家の意見を聞きながら慎重に行動するようにしましょう。

大手金融・投資会社の倒産

為替レートの一時的変動要因として挙げられるものとして、アメリカ経済に関する統計に次いで影響があるのが大手金融・投資会社の倒産です。
日本でもアメリカでも、過去に大きな事例があったので皆様も記憶していると思います。

残念ながら、こういった事象については、個人レベルで自衛できる要素は皆無です。
ただし、機関投資家やアナリストは、危険な情報に関してはいち早く察知し、回避する能力を持っています。

倒産情報は急に出されることがほとんどですが、経営状態の悪化等、事前情報の入手は専門家を通してであれば可能です。
特に、信用調査会社が定期的に出すレポートは参考になるので、投資を行っている人は欠かさずチェックするようにしましょう。


この記事をシェアする