為替レートは何によって動く?

為替レートの変動に関する総合情報サイト

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

そもそも為替レートとは何なのか

円安と聞くとあまりいいイメージがないかもしれませんが、輸出メインの日本企業にとって円安は追い風です。 円安になると、より多くの外貨を獲得できる仕組みになっているからです。 では、どのような要因が集まると円安になるのか、詳しく見ていきたいと思います。 続きを読む

円安になりやすい要因とは

毎日のニュースで紹介される為替レート。
そもそも、為替レートとは何なのでしょうか。

為替レートとは、為替相場で日本円が取引される際の額面のことです。
基本的に、外貨の1貨幣単位に対して日本円がいくらになるかという数字で表示されます。
例えば、1ドルが100円だった日の翌日、1ドルが105円になったとすると、5円の円安と言うことになります。
これは、円の価値が相対的に下がって、より多くの日本円を払わないと外貨を獲得できないことを意味します。
一方、1ドルが95円になったとすると、5円の円高と言うことになります。
これは、円の価値が相対的に上がったため、より少ない日本円で外貨を獲得できるようになったことを意味しています。

私たちが一番為替の影響を強く感じるのは、輸入食品を買う時だと思います。
円高であれば、少ない日本円で商品を輸入できるので、店頭価格が安くなります。
一方で、円安であれば輸入の際の代金も多くなるので、自然と店頭価格も高くなります。
このように、為替レートは私たちの生活に密接に関係しているのです。

では、為替レートはどのような要因で変動するのでしょうか。
そこには、複雑な要因が組み合わさっているのですが、今回はなるべく単純に解説していきます。
なお、例として基本的にドルを上げていきますが、これはユーロなど、ほかの外貨もほぼ同じ仕組みになっているためです。
もし外貨預金などでほかの通貨を購入している場合は、ドルをその通貨に読み替えていただいて差し支えありません。

よく目にする円高要因

ここ数年は、外貨全体に対して円高傾向があると言われています。 円高になると輸入品が安くなったり、海外旅行に安く行けたりと得なように思えますが、経済全体を見回すと思わぬ落とし穴があります。 では、円高はどのような理由で引き起こされるのでしょうか。 続きを読む

侮れない為替変動の一時的要因

為替は主に長期要因によって変動しますが、まれに一時的要因によって急激に変動することがあります。 あまりに変動が激しく動揺する人も多いのですが、あくまでも一時的要因ですのでしばらくすれば長期要因へと落ち着きます。 あらかじめ要因を知ることで、心の準備をしておきましょう。 続きを読む